四柱推命の『占い』とは?本当に当たるの?

「占いってそもそも何なのだろう?」

沙和

今回は「四柱推命」って何なのか?ということ以前に、「占い」って何なのだろう?ということをお話しいたしますね。

占いとは何か

「占い」というのは、「運命学」とも呼ばれ、人が幸せに生きていくために、考え出された「方法」です。

一般的に、「運命学」には「占い」「易」「八卦」があります。そして元々の発祥地の中国(福建省)では、五術をさし

  1. 命(ミン)
  2. 卜(ポー)
  3. 相(シャン)
  4. 医(イー)→医学
  5. 山(サン)→山岳修行

このすべてをこなさないと、占い師とは呼べなかったらしいです。

沙和

昔の占い師さんって、すごい人だったんです。お医者さんのように、人の身体を治したり、山登りをして修行することも必要だったのです。

詳しく述べると

命(ミン)
「命術」生年月日をもとに占うもので、「四柱推命」や「西洋占星術」「マヤ暦」などがあります。人のことをメインに考え、人の理解と人の生理と心理を掴み、アドバイスする術。
具体的に言うと、その方の性格、仕事運、家庭運、先祖との運、子孫との運など基本的に変わらないものから、基本的にどう生きれば生きやすいか?をお伝えしたり、巡ってくる運から、その時期、その時期にどう動けばいいのか?をお教えする・・というものです。
この命術は、一生の運気がわかります。生年月日からそれがわかり、どの占術(四柱推命、西洋占星術、マヤ暦・・)で占っても、同じバイオリズム(運)になります。一生のバイオリズムがわかるので、一生の人生設計も立てやすいです。

卜(ポー)
「卜術」ことがらを主にした術法。自分の命から起こった事ではない事で、影響を受けるものに対処する術。「コイン占い」「タロット占い」「易」。例えば、恋愛占いで自分ではどうにもならない相手の思いはどうなのか?を「タロット」などで占ったりしますよね。これは「卜術」になります。また、政治的なことや経営的な事柄などで、相手の出方を探る場合や、自分が置かれた状況を把握したい時に「易」を使いますね。それも「卜術」になります。相手の思いも、政治的経営的な自分が置かれた状況も、流動的なものですよね。ですので、向こう3ヶ月くらいの状況しか占えないのが「卜術」になり、基本、同じことを3ヶ月を待たずして占う事もよくないとされています。

相(シャン)
「相術」 目に見えるものだけをもとに、データ化した術。「手相」「人相」「姓名判断」「家相」「方位」「墓相」「印相」。自分の思いや行動から、あるいは、周りの状況から自分が影響を受けたりして自分のこころは変わっていくのですが、それを反映したのが「相術」になります。自分の心のよくない状態だと、お引越しをしても、あまり良い家に引っ越せませんし、方角もよくない方角へ行ってしまいます。「人相」や「手相」も悪くなっていくでしょう。目に見えるものから判断して、心の状態を整えてよくしてくのが「人相」や「手相」で、「姓名判断」「家相」「方位」「墓相」「印相」は、あらかじめ知っておいて、運気をさらに悪くせず、良くなるようにするものです。
医(イー)
 「医術」人の身体をもとに考え出された術法。なぜ病気になるのか?を読み解き、健康になるよう導いたり、健康であるよう教える術。「鍼灸」「漢方」「霊治」などがありますが、最近では、「アロマ」や「レイキ」もここに入ると思います。「病は気から」というように、すべての病気はこころに原因があり(おそれ、怒り、悲しみ・・など)、そのこころの悪い癖をなおさなければ、病気は治りません。マインドを正常に戻しながら病気を治すのが、本当の「医術」なのでしょう。
山(サン)
 「山術」身体(ボディ)と精神(スピリット)を鍛え生命力の向上を目的とした術。人として意志高く生き抜くための方法で「養生」「修密」「玄典」などがあります。「養生」というのは、ヨガや仙道など、大自然からの氣の流れを意識し自らのパワーにするもので、呼吸法もこの中に入ります。「修密」は宇宙の真理を得るために、目に見えないパワー(神仏など)とつながり、一般の人が得られない密なる知識を知恵として体得すること。「玄典」とは、今流行りの一過性の手法ではなく、普遍的な本質につながる読書をすることにあたります。

占いの種類

鑑定業を長くしておりますと、いつの間にかこの5つの占術に似たことにも携わっていることに気づかされます。

私は、「命術」は「四柱推命」、「相術」は「姓名判断」「方位」、「卜術」は実は隠れて「タロット」をやっていましたり、「易」もします(お得意様にしかご披露しません)。「医術」は「アロマ」を使ったり、「山術」は山を登ったり、神社巡りをしたりします。

沙和

わたしは「四柱推命」以外にも、「姓名判断」「方位」などが見れますが、お顔の相も名前の画数も、引越しなどの方位も、自分の「心の状態」が原因で良し悪しが左右され、その「心の状態」が一番わかるものが「四柱推命」ですので、「四柱推命」をメインに、アドバイスさせていただいております。

「姓名判断」や「方位」と「四柱推命」の関係

「姓名判断」での「名前」というものは、あなたがそうなっていきたいと思うイメージと合致することが多く、セルフイメージが低いとあまり良くない画数を選ばれます。
そこからお客様の考え方のクセを読み解き、改名するとともに、「四柱推命」から読み解く、その方の「金運」や「性格」に合うように画数を整えます。命式がそれほど強くないものなのに、強運の画数を持ってくると、返ってその方の負担になります。そのような場合は、周りから助けが入り成功する画数にさせていただいたりもします。

また、強い命式であっても、女性であり家庭がある場合は、強い画数を持ってくると、家庭が破綻しそれを犠牲にして、仕事で発展する場合もあるので、そのあたりの調整もいたします。

引越しの方位なども、方位も大事なのですが、お引越しする時期や、お引越しする物件を選ぶ時期も大事ですので、その場合も「四柱推命」で鑑定します。
勢いが良すぎて、あまりにも我を通して生きていると、「暗剣殺」や「五黄殺」という、殺気だつ方位に行かれ、結局、それが自分に跳ね返ってくるので、そうならないように注意して生きるためにも、「四柱推命」を使います。

占いって当たるの?

「占いなんか信じない!」なんて方もいらっしゃいますが、不思議なことに、生年月日から星を読む「命術」の「四柱推命」や「西洋占星術」は、星の出し方は違うものの、バイオリズムの波は一致するんです。
人が生まれた時の数字の不思議と言いましょうか・・・。やはり、何か行きていく上でのヒントがありそうですよね。細胞(DNA)も人も地球も宇宙も、波を描きながら上昇し、進化していくのかも知れません。

また、インドの「アガスティアの葉」には、その人が生きていく一生の全てが書かれているらしいです。それがわかると詳細に自分の未来がわかってしまうから、何となく怖い気もしますが、「四柱推命」では、「星」で指し示されているので、その「星」の解釈から、広く大きく自由に未来を推測することができます。

沙和

「四柱推命」は、あなたの「心の在り方」と時間軸によってその変化がわか「人生の設計図」です。あなたが生まれる前に描いた青写真の未来を、明るく伸びやかな解釈で、のぞいてみませんか?